曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 皎月院副住職 亨龍日記

お香 仏さま 一歩の会

2023.02.02

香習会

本日は皎月院にて

青年部一歩の会で香習会

白檀メインでのお線香の調合をしました

白檀は別名、栴檀(せんだん)やサンダルウッドとも言います

白檀は、樹皮や葉などに芳香があるわけではなく

芯材の部分であったり、根の部分に芳香があります

インドのマイソールで採取される白檀が最も上質で『老山白檀』と呼び他と区別しています

お線香は江戸時代頃に中国より伝わってきました

今日は2月15日の涅槃会で使用してもらえたら幸いです

来月もまた開催し

今度はお彼岸、ご先祖様へと手向けるお線香を調合してもらいたいと思います

法要

2023.02.01

如月

早くも1月が終わり2月となりました

2月はお釈迦さまの命日です

ぜひとも手を合わせましょう

八王子市仏教会では

2月16日に八王子市いちょうホールにて

ねはん会法要をとりおこないます

法要後には吉本興業所属のお笑い芸人

笑い飯の哲夫さんの講演があります

その後、仏教讃歌の奉詠があります

常々新たな数珠が欲しいと思っていました

先日良さげな数珠を発見

このボンボンが大きく肌触りも最高

しかもとても目立ちます

これでモチベーションも上がります

2月も頑張って過ごしましょう

曹洞宗

2023.01.26

道元禅師さま誕生日

本日1月26日は

高祖承陽大師(こうそじょうようだいし)道元禅師さま誕生日です

昔の陰暦ですと1月2日です

正治2年、西暦1200年の覚えやすい生まれです

「承陽大師」とは明治天皇から頂いた諡号(しごう)です

曹洞宗梅花流詠讃歌に

『高祖承陽大師道元禅師誕生御和讃』

があります

作詞は堀口義一さん

曲のメロディーは真言宗の密厳流の誕生御和讃より頂いております

昭和27年1月22日に発表

誕生のお歌なので明るく唱えたい曲ですね

曹洞宗梅花流詠讃の

「高祖承陽大師道元禅師誕生御和讃」

3番の歌詞はとても有名道元禅師さまのお歌をもちろん題材にしております

「春は花 夏ほととぎす 秋は月

冬雪さえて 冷(すず)しかりけり」です

 

また、本日26日は叔父の命日でもあります

叔父は平成8年に36歳で亡くなられましたが

御詠歌をされていたことを最近知りました

やはり私も

音楽が苦手であったとしても

必然とすることになっていたのかもしれません

(残念ながら今でも全然上達できてません汗)

御詠歌をとおしてとーっても勉強になっていることは間違いありません

ぜひ一緒にやってみませんか?私でもできてきましたので

 

 

 

季節

2023.01.06

小寒

本日1月6日は小寒、寒の入りです

寒さが一段と厳しくなり

今週末東京でも雪が降るんではないかと

メディアで言っておりましたが、それは大丈夫そうですね

これから立春までの30日ほど寒の内です

明日は春の七草

無病息災を願い

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

の入ったお粥を食べ胃腸を調えましょう

 

108の煩悩の言われとして

12ヶ月+24節気+72候

という諸説もあるそうです

仏教 ご案内

2023.01.05

仏教会

八王子市仏教会主催

2月のねはん会のご案内です

今年は2月16日に

お釈迦さまの遺徳を偲び(命日は2月15日です)法要をおこないます

また、記念講演として

吉本興業所属 お笑い芸人の笑い飯

哲夫さんの「おもしろ仏教講座」もあります

話がおもしろい芸人さんですので

講演は必見です

また、最後には各宗派による仏教讃歌も奉詠致します

八王子市の曹洞宗として私も参加致します

全席自由席でどなたでも無料で入場できます

どうぞよろしくお願い致します

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ