曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > ご案内

曹洞宗 ご案内

2022.06.26

殿様墓

川崎市麻生区早野

曹洞宗 芳林山 戒翁寺

皎月院住職の実家です

947年京都より歌人が下り来て草庵を造り移住したことに端を発するといわれ

1408年出家された順覚が再建したとも言われている

天正年間である1573~1592年に

片平にあります

夏蒐山(なつかりさん)修廣寺(しゅこうじ)

三世貴山玄頓大和尚を御開山とし発足

冨永重吉76歳の時に堂宇を再建し開基となりました。

 

富永重吉は、先祖が宇多源氏系佐々木氏庶流富永で、六角家に仕え六角家滅亡後、北条氏に仕官しました。数々の勲功を立てましたものの、豊臣秀吉に敗れ・北条氏直に従い高野山に登られました。その後、徳川家康により朝鮮の役に召され、兵法、武術に秀でた重吉は、文禄3年(1594年)に都筑郡早野村250石の地を賜り、早野の領主として地を治められました。以後関ヶ原の合戦(1600年)、大阪夏冬の陣(1614・15年)に参加し、屋敷奉行や御鎗奉行として歴任した大旗本であった。1646年12月16日96歳で亡くなり、戒翁寺に埋葬されました。現在もそのお墓は殿様墓として残っております

殿様墓(四基の五輪塔)

都筑(つづき)郡早野村の領主であった富永重吉の一族が眠るお墓である

初代重吉(しげよし)、夫人(北條家の臣高橋和泉守秀治が女)、二代重師(しげもろ)、三代師勝(もろかつ)の四墓

(四基の墓塔右側より)

戒翁寺の開基である主膳即ち重吉のお墓 安山岩製の五輪塔は、高さ222㎝もあり台座は別石ではあるものの、1つの石より五輪が造られているようです。正面にそれぞれ「空・風・火・水・地」の梵字である「キャ・カ・ラ・バ・ア」と刻まれております。

【富永主膳源朝臣安吉 芳林院殿喜翁宗歡居士 正保三丙戌年十二月十六日】と刻まれ九十六歳で亡くなる

二番目のお墓は、重吉の三男である師勝の墓塔です。高さ185㎝程

丸い水輪の球は上下に切られて造られている

【高雲院殿昌岳良繁居士 寛文十二壬子年霜(11)月十九日 (左側)冨永孫左衛門尉泰賢】と刻まれ五十六歳で亡くなる

三番目のお墓は、重吉の妻の墓塔です。重吉のお墓同様に一つの石で造られる

【常姓院殿妙祐禅定大姉 寛文元年七月九日没】と刻まれていたようである歳は不明

四番目のお墓は、重吉の長男である重師の墓塔です。

師勝の五輪塔同様にそれぞれ別の石で造られている

【靈松院殿無岸鐵心居士 寛文二壬寅年極(12)月廿八日 (裏面)御鑓奉行冨永主膳正源光忠 六十歳丙極月廿八日卒】と刻まれ六十歳で亡くなる

 

 

 

 

 

ご案内 法要 行事

2022.06.11

施食会法要

本日6月11日

青年部一歩の会数名にお手伝い頂き

施食会法要を厳修し

無事円成致しました

人数の制限をして

外にテントを設営し

(葬儀社セレモアさんにもお借り致しました)

イスを100席近く用意

主に外でのご焼香と致しました

来年はにぎやかに法要が出来ることを願います

護持会の皆さまより

施食棚、和紙の畳を寄進

誠にありがとうございます

高木畳店さんより寄進された拝敷を初使用

ご案内 法要

2022.06.04

施食会

毎年恒例の皎月院施食会は

青年部一歩の会にお手伝いいただき

本堂のリフォーム、新しい施食棚のもと

11日14時半より厳修致します

どうぞよろしくお願い致します

ご案内

2022.05.15

沖縄返還

本日5月15日は

アメリカ合衆国より日本国へと

沖縄が

昭和47年(1972年)に沖縄返還協定(琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定)が発効し

返還されて

50年を迎えました

1945年米軍が沖縄本土へ上陸し

太平洋戦争終戦

1952年4月サンフランシスコ講和条約が発効され

沖縄や奄美、小笠原がアメリカの統治下となってしまう(が、日本は国際社会には復帰となる)

1965年の昭和40年

戦後の総理として初めて沖縄を訪問した

佐藤栄作総理が「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、我が国の戦後が終わっていない」と訴え

また、

1967年に非核三原則を表明にあたる

「核の三原則、核の製造せず、核を持たない、持ち込みを許さいない」とも答弁され

日本の憲法も安全保障条約にも適用にとも述べられるのであった(謝罪などもあったようです)

1969年(昭和44年)に訪米しニクソン大統領と会談され

1972年(昭和47年)に沖縄が「核抜き、本土並み」で返還の原則的合意を正式に取り決められた

返還50年の節目ではありますが

その歴史や苦労など私達は忘れてしまっていること知らないことが大変多いです

この機会に是非とも

首里城の再建を待ち望みながら

学んで行きましょう

 

 

 

 

 

 

お香 ご案内

2022.05.13

モノマチ2022

台東区の南部エリアで開催されているモノマチ

御徒町から蔵前、浅草橋までの四方2キロにわたる中で

「町」と「モノづくり」を歩きながら楽しむことができるイベントがあります

5月27日金曜日から29日日曜日の3日間です

私もふだんお世話になっているお香屋さんの

薫物屋香楽(たきものやからく)で

匂い袋、塗香、煉香などモノづくりのお手伝いをさせていただく予定です

楽しみながら一緒にお香の薫りを聞いてみませんか?

No.059蔵前から近くです

(鳥越2丁目にあります)

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ