曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > ご案内

境内整備 ご案内

2021.07.16

七月送り盆

七月の送り盆となりました。

皎月院は只今リフォーム工事中です。

本堂は、明治31年に再建されましたが

それは、本寺である八王子市下恩方にあります心源院さまの観音堂を移築したものでした。

移築後から今の本堂までには

何度も増改築されております。

ですが、明治から大正頃は財政面にもとても厳しい状況であったのだと思います。

壁の中の板材に卒塔婆が使われておりました。

今回、壁の撤去で明治40年や大正元年などの檀信徒がお盆やお彼岸で建立された100年前の卒塔婆が出てきました。

きっと皎月院檀信徒のご先祖さまがお寺に来て最後のお参りをされたのでしょう。

報恩感謝

境内整備 ご案内

2021.06.22

仮本堂

年内本堂改修工事となりますので

期間中の皆さまの法要は

仮本堂で行わせて頂きます。

ご理解ご協力よろしくお願い致します。

事故や怪我なく

無事に工事が円成なることを祈念し

皆さまどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

ご案内

2021.06.21

夏至

6月21日は夏至であります。

八王子では、日の出時刻が4時半前後

日の入りも19時過ぎです。

なので夕方の17時はまだまだ暑かった夏至の日でした。

皎月院の本堂基礎改修工事に伴いまして

すべての物を運び出し、

一仏両祖や他の仏さまも暫し御遷座に

22日から本格的に金剛組により着工となります。

何もなくなってしまった本堂はとても寂しい感じがします。

禅のことば 曹洞宗 ご案内 法要

2021.06.11

施食会法要

明日6月12日

皎月院恒例の施食会法要です。

本年もコロナウイルス感染防止のため

檀信徒の皆さまには参拝の中止とさせて頂きます。

施食会とは「食事を施す」法要です。

ご先祖さまや「三界萬霊(さんがいばんれい)」という

〝あらゆる世界のすべての精霊〟に食事を施し、

迷える精霊に慈愛の悟りを施します。

欲深い私たちの心を仏さまの前で反省し、

「わかちあう心」「支えあう心・喜び」

四摂法(ししょうぼう)の布施(ふせ)・愛語(あいご)・利(り)行(ぎょう)・同事(どうじ)

をおこなう法要でもございます。

施食会では食事を施すための「施食棚」を設け、周囲には十一枚の施食幡を掛けて厳修致します。

ご案内

2021.05.17

施食会

本年、6月12日(土曜日)

14時30分から予定しておりました

施食会法要は、中止とさせて頂きます。

正確には、昨年と同様に檀信徒の皆さまを呼ばずに

住職と副住職メインで法要を厳修致します。

また、卒塔婆も昨年と同じく皆さまのお墓へ供えさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ