曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > その他

その他

2022.06.23

6月23日

6月23日は沖縄慰霊の日です

昭和20年(1945年)のこの日

太平洋戦争の沖縄戦が終結されたことにちなみ

制定された日です。80日以上にも続いた戦争により一般住民も含む20万人もの犠牲者が出ました。多くの戦没者追への追悼式が行われます

今年は総理も出席のようです

世界平和を願うまでです

 

その他

2022.06.04

数珠

数珠の紐は毎年交換しなければ

必ず切れてしまいます

消耗品なのです

数珠が切れると縁起が悪いといいますが

古いものを断ち切り、新しい生き方をする

仏教徒として

仏法僧の三宝の信仰に目覚め

新しい絆を結ぶためと考えると

よろしい縁であると思います

今回新しく紐を結び直しました

趣味 その他

2022.02.07

風呂の日

2月6日は語呂に合わせ

風呂の日です。また、私の43回目の誕生日です

立春ではありませんが、

節分のように昨日は朝から一日中お香(お線香と練香)の調合と勉強会でした

心身ともにお香によって邪気を払い

43歳怪我なく良い御縁がある事を願いたいです

 

自分へのプレゼントとして

沈香の香合

その他

2020.12.05

鬼滅の刃

大ブームである鬼滅の刃

ついにマンガ本の最終巻が発売されました。

その他にも小説本が2冊。

スピンオフのマンガ本も2冊。

朝から書店には長蛇の列であり、

5社の新聞を購入する人も多数いたようです。

映画の興行収入も歴代1位になるのも時間の問題でしょうし、書店の閉店数も激減したそうです。

素晴らしい言葉を見つけることができましたし、

良いことだらけの漫画です。

映画を見ておりません。マンガ本を持っておりませんが、

竈門炭治郎(かまどたんじろう)くんの

言葉がとても心に響きました。

『人は心が原動力だから

心はどこまでも強くなれる!!』

まさに

今必要な言葉なのかもしれません。

 

 

その他

2020.11.29

和敬清寂

「和敬清寂」(わけいせいじゃく)

【和らいだ心、敬う心で相手に接し、清らかで穏やかで慎み深く落ちついた心。

そのような心を見出していきたい。】

曹洞宗では「愛語」につながるのかと思います。

優しい言葉と微笑みによって

自分が救われ、接する皆も優しい心へつながります。

そして、優しい言霊。それは

挨拶や感謝のことば。

「おはよう」「こんにちは」「元気」「ありがとう」

外国人にとって日本語の一番美しい言葉は

「ありがとう」でした。

日々が感謝感謝ですよね。

 

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ