曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 趣味

趣味

2021.06.08

お稽古

今月の6日はお稽古の日とされ

6歳6月6日にお稽古である習い事を始める事が良いとされております。

他にもいけばなの日や楽器の日とされております。

ですが、何故か6月6日なのか?

これは、能を大成された「世阿弥(ぜあみ)」が記された「風姿花伝」にありました。

そう言えば、ジャニーズ グループであるTOKIOの長瀬智也さん最後の主演のドラマであった

『俺の家の話』でも「世阿弥」が登場されてました。

この能楽の「世阿弥」の劇中に「6歳6月6日の~」との台詞によるものや

「稽古照今(けいこしょうこん)」という四字熟語もありますね。

これは、先人に学び、今の世に照らし合わせ活かすことであります。

また、数を指で1・2・3・4・5・6と数えていきますと

小指が立ちませんか?”子が立つ”とも(笑)

 

私も最近復活しましたお稽古(生け花ではありませんが)がございます。

  1. ボルダリング
  2. ゴルフ(打ちっ放し)
  3. お香(タンス用の防虫香づくりと除虫菊の入った虫よけ)
  4. 仏教

 

 

皆さまはコロナ禍であっても楽しいことを見つけられてますか?

八王子のお寺

皎月院にて

お香の体験教室

始めたら来てくれますかね?

 

趣味

2021.04.01

新年度

卯月、四月に突入です。

今日はお線香の調合をしました。

シャム沈香を使って華やかさを

タニ沈香では、背筋をしっかりと正すようなイメージをもって調合してみました。

 

曹洞宗 趣味

2021.02.04

焼香作法

本日一周忌のご法要にて

ご焼香の説明をさせていただきました。

まず初めにはもちろん合掌礼拝をします。

その後の作法、方法、やり方ですが

曹洞宗では、

右手?左手?

何本の指でつかむのか?

何回焼香したら良いのか?

つかんだらどうしたら良いのか?

皆さま迷っているようでした。

先ずはお香の功徳とは

仏教伝来(538)と共に日本に上陸していたであろうとされるお香は、信心の使いであり感応のたよりであったとされます。

高価なものであるお香は何種類かとブレンドされて使われておりましたが、鎌倉時代は一種(沈香などブレンドなし)のみを使われ禅のおもむき、わびさびが流行っていたようでもありそうです。

そのお香(沈香)の香煙によって

光明雲台の世界におられる

十方無量の三宝に供養し奉るとき

その功徳というものは、

四方八方に広がり一切衆生

自他平等に広がりわたります。

亡きものへも、生きているものにもです。

お香は、右手でつかみます。

右手を仏さまの手

左手を自己の手

なので右手で焼香はします。

また、右手の親指、人差し指、中指の3指で

お香をつまみます。

この3指とは龍の爪にも例えられてます。龍の手爪とされる親指、人差し指、中指の三指に当たります。龍はその三指で大切な宝珠持っておりますので、これがお香に例えられているからです。

ですので二や四指でつかむことは恭しく宝物をつかむにはふさわしくないともされております。

回数ですが、

一回目は、三指でつまみ両手(右手でつまみ左手はそえて掌でうける)にて頂いてから

火に投じます。拈香(ねんこう)と言いますので、

額の辺りまで持っていき、おし頂くということです。

(言葉では難しくなってしまいました)

二回目はお香は頂きません。

それは一回目の引き続きだからですので、ただそえるだけになります。(従香じゅうこう)

二回終わりましたら合掌礼拝します。

 

そのままでも香る素晴らしい香木(伽羅沈香白檀)や

少ししか芳香しない香木(沈香)を

あえて炭の火の着いた上にのせることにより

仏さまへの「香食こうじき」として扱っております。

もちろん天然香料をまぜたものも私は使っております。

(龍脳、丁子、桂皮、甘松などなど)

お香についても仏教(曹洞宗)についても勉強中ではありますが

古いお香やお線香ありましたら御連絡ください。とても興味がありますので。

 

高価な伽羅ですが、うっとりしてしまうほどとても素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

趣味

2020.09.03

趣味復活

二年近く前に通っていましたクライミングジムが閉店してしまいました。

それ以来の復活です。持久力と指の筋力など全てにおいてダメでしたが、とても楽しかったです。

趣味や目標があると日々の生活にも活力が湧きますね。

趣味

2018.11.30

大涌谷

昨日熱海にて御詠歌研修でした。

本日は研修帰りに箱根へと
多くの観光客でにぎわってました。


ここへ来たら

美味しかったです。
今月も今日で終わり、明日からは
今年最後の月ですね。
12月も頑張りましょう

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ