曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 法要

禅のことば 法要

2020.06.17

施食幡

施食幡の残りのご案内

 

「四天王幡(してんのうばた)」

東西南北の四方を守ってくれる四人の守護神を記した幡です。

・東の持国天(じこくてん)

・南の増長天(ぞうちょうてん)

・西の広目天(こうもくてん)

・北の多聞天(たもんてん)(=毘沙門天(びしゃもんてん))を言います。

 

「大幡(おおばた)」は法要で読経する『甘露門(かんろもん)』の中の

心呪(しんじゅ)「唵麽抳嚩(おんまにば)日哩吽(じれいうん)」と

随心呪(ずいしんじゅ)「唵麽抳駄哩吽泮吒(おんまにだれいうんばった)」と呼ばれる二句が記されており、

心呪を数多く唱えれば仏さまにお会いすることができるとされ、

随心呪は数多く唱えれば様々な妨げが無くなるとされています。

施食会を通じまして、

ご先祖さまをはじめとした多くのご縁に施されながら

支えられて、生かされているのだという事への感謝の心をお持ち頂きたいと思います。

 

本年6月13日に皎月院では

施食会法要をさせていただきました。

コロナウイルスの影響で参拝の中止でした。

禅のことば 法要

2020.06.14

施食会とは、

施食会とは、

「食事を施す」法要です。ご先祖さまや「三界萬霊(さんがいばんれい)」という

〝すべての世界のすべての精霊〟に食事を施し、迷える精霊に慈愛の悟りを施します。

欲深い私たちの心を仏さまの前で反省し、「わかちあう心」「支えあう心・喜び」

【四摂法(ししょうぼう)】の布施(ふせ)・愛語(あいご)・利行(りぎょう)・同事(どうじ)をおこなう法要でもございます。

施食会では食事を施すための「施食棚」を設け、周囲には十一枚の施食幡を掛けます。

この「五如来幡(ごにょらいばた)」は、五色(青か緑・黄・赤・白・黒か紫)の幡に五人の如来さまの名が記されています。

五色は、生きとし生けるものを照らす如来さま方の功徳・智慧の光を表します。

 

 

法要

2020.06.13

施食会法要

新型コロナ感染防止のため檀家さまの参拝は中止とさせていただきましたが、

近隣ご寺院さまと、役員さま5名にて

施食会をとりおこないました。

法要は無事に終わりました。

卒塔婆は、後日お寺にてお墓へとお建て致します。

ご案内 法要 行事

2020.04.26

施食会法要

 

毎年6月第2土曜日におこなっております

【施食会】法要ですが

中止とさせて頂きます。

本年は、新型コロナウィルスの影響により

お寺での”三密”を避けるべく為

苦渋の決断となりました。

 

ですが、施食会法要とお塔婆供養は

例年通りお勤めいたします。

尚、お塔婆ですが、

境内墓地の方はお寺にてお墓へお建ていたします。

 

お檀家さまへは改めて中止の御案内をお送りいたしますので、よろしくお願い致します。

 

禅のことば 法要

2020.04.08

釈尊降誕会

今宵4月7日満月です。

明日は、お釈迦さまのお誕生日です。

今回は頭の中でイメージを膨らませて読んでいただけたらと思います。

お釈迦さまがお生まれになった

釈迦族の国は

地方の小さい国でありましたが、

一国一城の王子になる者として生をうけました。

この国では、ところどころに池があり

そこには赤や白、黄色の蓮や睡蓮といった花が咲き乱れております。このようなキレイで美しく素敵な庭園でお釈迦さまは過ごされております。

そのお釈迦さまは、香水のような香りの良いお香を服に馴染ませ、軽くて立派なシルクの服を身にまとい、家政婦、お手伝いさん、専属のお供により白く大きな日傘のもと散歩されたり、美しい女性による音楽に耳を傾けたりといった日々を過ごされておりました。

一国一城の王子として生まれたお釈迦さまは、国民すべてによって祝福され、不自由のないとても幸せな暮らしをされておりました。

お釈迦さまをお産するためにマーヤ夫人は

釈迦国とコーリ国の中間であるルンビニー園に立ち寄られました。美しい花*花で彩られたアソーカ(無憂樹)を楽しまれた後にお産となりました。

多くの仏伝によりますと、

マーヤ夫人は白象が胎内に入るのを夢見て

お釈迦さまを身ごもり

お産されたときには

龍王が冷.熱の2種の雨を降らせ

お釈迦さまの産湯にされました。

その後まもなくお釈迦さまは

七歩あゆまれ

『天上天下唯我独尊』と宣言されました。

お釈迦さまを見られた

アシタ仙人と言う占相によれば

「王子として家にあれば徳によって全世界を征服する転輪王となるだろうし、また出家すれば人類を救う仏陀となるであろう」

といわれた。

ですが、問題は嘘か誠かではなく

お釈迦さまの偉大さが 伝えられるものでもあるかと思います。

 

残念ながら

今年の花まつりは

各寺院共に自粛されそうですね(. .)(_ _)

 

 

 

 

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ