曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 行事

行事

2021.03.12

御供養

 

3月11日 14時26分

黙祷させていただきました。

亡き方々への供養にと

私にできるお供えを手向けました。

供える物は

灯明、水や蜜湯、お茶などの飲み物

御膳に果物やお菓子

そしてお香です。

香木とされる沈香と白檀をメインで使い

お線香と焼香の抹香を調合し作製しました。

心から哀悼の意を表します。

 

 

曹洞宗 行事

2021.02.15

団子

涅槃団子を作られる地域やお寺もあります。

(残念ながら皎月院ではしておりません)

色とりどりのお団子を作るのは、

お釈迦さまのご遺骨が五色の色に輝いたという

言い伝えがあるからです。

仏さま 行事

2021.02.15

涅槃

お釈迦さまが亡くなられた事を

「涅槃」と言いますが、

涅槃とはインドの古い言葉の「ニルバーナ」の発音を

そのまま漢字を当てはめているようです。

意味としては、迷いの火が吹き消された状態や安らぎにあたります。

また、命の火が消えた意味での亡くなる にもあたります。

涅槃図には、

中央に横たわれているお釈迦さま

頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)

頭は北、顔は西、右脇を下にしております。

「北枕」ではあまり寝ることがない私たちですが、

「北枕」は健康法でよく言われる「頭寒足熱」に適った寝方であるとも言われております。また、科学的にも地球の磁気に沿った寝方であると言われています。

「右脇臥」という右脇を下にした寝方も、心臓に負担のかからない寝方であり、永平寺での修行時代には、北枕ではありませんでしたが右脇を下にしていたような気がします。(たたみ一畳の中で寝るためにも)理想的な寝方なのかもしれません。

お釈迦さまの周りには沙羅の双樹が四ケ所にあり計八本

四本は青々とし四本は枯れて描かれております。

『平家物語』の冒頭に有名な

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り、

沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。」

このようにお釈迦さまの死を悲しまれ

辺り一面の沙羅樹すべてが真っ白になり、葉や枝、幹も砕け落ちたという伝えもあります。

そんな沙羅林の風景が白い鶴が集まっているかのようにも見え

鶴林(かくりん)とも言っております。

亡き方の枕元や葬儀での祭壇に白い四華花があるのは

この故事によるものです。

お釈迦さまの周りには

諸菩薩をはじめ、倒れこみ失神されている阿難尊者や仏弟子、

鬼神、天部や動物の52類と

天から降りて来られるお釈迦さまの母である摩耶夫人

、亡くなられたときの様子などが描かれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご案内 法要 行事

2021.02.14

涅槃会

二月十五日は三仏忌の一つであります

「涅槃会(ねはんえ)」です。

お釈迦さまが亡くなられた日にちなんで、

御供養の法要を行います。

毎年、青年部の一歩の会では会員一同集まり法要を営みますが

今年は緊急事態宣言中ですので中止となりました。

また、八王子市仏教会主催の

涅槃会もオンライン開催となってしまいました。

1日遅れの16日に行います。

講演には、東ちづるさんが参加いたします。

Zoom・YouTubeで配信します。

お申し込みの方には、配信のURLを送ります。

まだ申し込み可能かと思います。

「八王子市仏教会」

https://hachibutu.jp/

 

 

 

禅のことば 行事

2020.12.08

摂心

今朝八日にて

臘八摂心(ろうはつせっしん)《臘月=師走の八日、摂心=心静かに座る坐禅》は終わりましたが、

明日九日は、

中国禅宗の二祖である慧可大師(えかだいし)が、

(初祖は達磨大師です)

達磨大師のお弟子になられる決意を現したとされる

<臂を断つ>「慧可断臂(えかだんぴ)」の故事にならい、

瑩山禅師さまの頃より始まられた徹夜坐禅。

【我々も仏道への志を更に起こす必要がある】

因に

成道会の法要は、道元禅師さまより伝わり、今日に至ります。

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ