曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 旅行

旅行

2020.08.29

研修

京都へ


銀閣寺に30年振り

ここはお寺です。

実は臨済宗 相国(しょうこく)寺派の慈照寺というお寺です。
室町幕府の1482年、八代将軍足利義政公により隠居生活を過ごすためにと、金閣寺のように造営されました。
足利義政公の法号にちなみ(慈照院)慈照寺と命名されました。
この国宝である銀閣寺は、
二層式であり、一層は心空殿(しんくうでん)とされ、書院です。二層は、潮音閣(ちょうおんかく)とされる。板壁に花頭窓があり、桟唐戸をもうけた唐草仏殿の様式のようです。
観音さまが銀閣寺を護られているとされてます。(私は見たことがありません。)

東求堂(とうぐどう)
こちらも国宝です。
一層の母屋造り。
最古の四畳半書院とされてます。

 

庭園が素晴らしいです。

平成6年には、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

旅行

2020.05.23

立山へ

7年前の話ですが

今日5月22日から一泊で立山へ

スノーボードへ行っていたようです。

今年の立山もとても雪が少ないとの情報です。

少しでも環境がよくなるよう

1人1人コロナウィルス同様

エコやルールを守ることに努めていきましょう。

旅行

2020.03.13

ハワイ平等院


初海外運転は、
左ハンドルに右側通行、
逆走をしてしまいそうでとても不安でした。

海外でも国産のSUBARUのフォレスターでした。

ドライブ

途中
ハワイ平等院へ


こちらは、
1968年にハワイへの日本人移民100周年を記念されて
日本の平等院鳳凰堂を模して造られた寺院だそうです。
民営の公園墓地の敷地内にあります。
(バレー・オブ・ザ・テンプルズ・メモリアルパーク)
こちらの平等院には、庭園や大きな池がある他、
鐘楼堂にはは高さ約1.5メートル鐘もありました。
永平寺など、大きな鐘楼堂を見て突いてましたので、
特別珍しくはありませんでしたが、
この鐘をつくと幸福や長寿をもたらすと言われているようです。


本堂には金箔を施した阿弥陀如来坐像が安置されておりました。

観光名所として5ドルかかります。

一歩の会 旅行

2020.03.11

ハワイ正法寺

海外宗教事情視察として
曹洞宗両大本山ハワイ別院正法寺へ

法要が終わり

御本尊さまの前にて

境内を少し案内していただき
外には
「放光地蔵菩薩」もありました。

こちらは、2013年11月
ハワイ国際布教110周年並びに
両大本山ハワイ別院正法寺
創立100周年記念慶讃行事の際
大本山總持寺江川貫首猊下が導師のもと
開眼供養されました。

大本山總持寺江川貫首猊下がご染筆の
「放光地蔵尊」と彫刻された額です。


正法寺のご住職であります駒形老師によりますと、
法事や葬儀だけでなく
お寺は、コミュニティの場所であり
毎日多くの方々が来られるそうです。
毎週曜日ごとに倶楽部、レクチャーがあり
日曜礼拝や坐禅会はもちろんのこと、
梅花講や三味線、舞踊や民謡、茶道
お琴や書道、生け花に和太鼓、公文式、ウクレレ教室などなど
様々な習い事がお寺で行われるそうです。
また、毎年盆踊りも特別にお稽古されるそうです。

納骨堂も見せていただきましたが、
多くの生花が飾られておりました。
皆さん習い事にこられた際に、お花を持ってこられるようですが、
母の日が一年で最もお花でいっぱいになるそうです。

一歩の会 旅行

2020.03.11

ハワイ研修

ハワイ宗教視察
ハワイ正法寺にて

曹洞宗の教えであります
四摂法(ししょうぼう)が
堂内に大きく飾られておりました。

曹洞宗の経典
修証義にもこの教えがありますが、
1つには
ふせ

2つには
あいご

3つには
りぎょう

4つには
どうじ

この四摂法(ししょうぼう)はとても大切です。
“摂”とは
仏や菩薩が私たちの衆生を救うことを意味します。
また、
私たちを仏道へと導くものでもあります。
曹洞宗仏教讃歌である
御詠歌でも
1~4番でそれぞれの教えが
示されております。

自分だけではなく、
互いに手をとり共に支えあい
さらには、
仏法に照らされた暮らしをしましょう
と、
考えていただければと思います。

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ