曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 皎月院副住職 亨龍日記

禅のことば

2019.11.21

瑩山禅師 降誕会

遅くなりましたが
本日の
11月21日は
太祖常済大師
瑩山禅師さまのお誕生日です。
青年会の一歩の会
会長のご長女さまが
只今産まれました。

おめでとうございます。
ゴロの良い
良い夫婦
ではなく
更に嬉しい
瑩山禅師さまのお誕生日✨
おめでとうございます。

今日11月21日は、
曹洞宗の大本山總持寺を開かれた
瑩山紹瑾禅師(1264~1325)のお誕生日とされ、
太祖降誕会としています。

青年会50周年とあわせすぎてる会長に
笑って
やったな~と伝えさせていただきました(笑)

禅のことば

2019.11.20

跋陀婆羅菩薩

浴司(よくす)とは
お風呂の事です。

私たちは修行中
入浴前後には必ず三度のお拝(床に頭をつける)をします。
礼拝の対象が

こちらの跋陀婆羅菩薩(ばったばらぼさつ)です。

跋陀婆羅菩薩は、
もとはインドの修行者で
「バドラーパーラ(賢護、善守の意)」といいます。
お風呂の供養を受けた際に、
水によって悟りを開いた事から
禅宗では、
浴司の前に安置されています。

入浴の偈(三度お唱えします)
「沐浴身体 当願衆生 身心無垢 内外光潔」
(もくよくしんたい とうがんしゅじょう しんじんむく ないげこうけつ)

禅のことば

2019.11.20

烏枢瑟摩明王

東司(とうす トイレ)の前に
仏さまを見かけます。
「烏枢瑟摩明王」(うすさまみょうおう)です。

山形県善宝寺にて撮影

人間界と仏の世界を隔てる天界の
「火生三昧」(かしょうざんまい)と呼ばれる
炎の世界に住し、
人間界の煩悩が仏の世界へ波及しないよう
聖なる炎によって煩悩や欲望を焼き尽くす明王です。

烏枢沙摩明王は「炎の神」であり
元の名を「ウッチュシュマ」
または「アグニ」と言います。
「この世の一切の汚れを焼き尽くす」功徳を持ち
「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、
心の浄化はもちろんであり
日々の生活のあらゆる現実的な不浄を清める功徳があるとされてます。

烏枢瑟摩明王の真言
「オン・クロダノウ・ウンジャク・ソワカ」

禅のことば

2019.11.16

お位牌

「黒塗り金蓮華台のお位牌」
四十九日(満中陰)の法要にあわせて
「白木のお位牌」(野位牌)
から「黒塗のお位牌」に作り替えます。

金色の蓮華台は如来や
菩薩の位を表しております。
曹洞宗では、
葬儀の際に「受戒入位」と言って、
導師から、目に見えませんが
故人と導師との間で
戒律のお約束をした後に
仏弟子としての御名前
「お戒名」を授けます。
そして
引導によって俗世(俗名)を離れ、
正式に仏の位(戒名)に入ります。

三界萬霊(さんがいばんれい)位牌
先日のイベントにて
萬燈法要

仏縁が無く、俗名のままでは成仏出来ない由縁でもあります。
ご両親の場合は「夫婦位牌」にも出来ます。

ご案内 一歩の会

2019.11.15

お焚き上げ


皆さまが書いてくださりました
こちらは、
一歩の会会員が
供養後、
お焚き上げさせていただきました。

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ