曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 皎月院副住職 亨龍日記

禅のことば

2020.08.13

施餓鬼(せがき)

この言葉は

人権として問題が有りますので今では使用しておりません。

今は、『施食』としております。

字のごとく、「食を施す」です。

『餓鬼』とは、仏教での六道輪廻の世界、

六道、六趣の一つとされておりますが、

六道とは、

1、地獄ー自らの悪い業、行いによって苦しみの状態

2、餓鬼ー足ることを知らず欲求不満である状態

3、畜生ー愚鈍で、他のことを考えず、生命の本当の尊ささえも知らず、考えない状態

4、修羅ー不安一色。気持ちが落ち着いていない状態

5、人間ー苦楽があいなかばで、自他ともに無関心な状態

6、天道ーしあわせ絶頂であり、有頂天にもなっている状態

このように六道とはありますが、

本質的には、人間である私たち一人ひとりの内面に起こる、いろいろな心理状態を具現化されたものであります。その心理状態を正すのが坐禅なのかもしれません。

 

また、お釈迦さまや道元禅師さまは

霊魂であったり、死後の世界などの具体的なもの、実体視したものとしては説いておらず、

それよりも

むしろ今、この世での生き方を説かれております。

ぜひとも今がどうあるべきなのか、

偏らずに、しっかりと自分を落ち着いて見ながら

仏の道としての行いをしていきましょう。

札幌の浄國寺さまにて

六道を救ってくださるお地蔵さま。

南無地蔵菩薩

 

行事 御詠歌

2020.08.13

お盆入り

夕方から突然の雷雨でしたが、

朝から多くの方々がお墓参りに来られました。

杉や欅、楠の木が無くなったのでとっても明るくなりました。

明日は檀信徒の方々の新盆供養法要です。

住職と二人で勤めさせて頂きます。

 

『盂蘭盆会御詠歌(迎火)』5・7・5・7・7

【子等(こら)の焚(た)く 迎火の 炎(ほ)の さぐらぐは

みたまの母の 来たまえるらし】

今では厳しいかもしれませんが、盆入りの夕方、自宅前で火を焚き、その炎がそよそよと吹く風に揺らぎ

ご先祖様の”み霊”をお迎えし、「今年もお盆を迎えることができ、ご先祖さまがかえってきたんだなぁ」と

この歌詞はその情景を思い浮かぶかと思います。

「みたまの母」とありますが、

母だけではなく、ここでは、

亡き人や、ご先祖さまと解釈していただけたらと思います。

岡本和行さんの蓮展より

 

その他

2020.08.10

ウポポイ

北海道アイヌ民族の勉強を
北海道白老にある
『ウポポイ』
予習研修をしてきました。
国立博物館はさすがに立派でしたが、それは建物の一部だけ。内容も乏しく建物内の一部であり、貴重な物は日本よりも早く諸外国が認め保存されており、ロシアやドイツ、ヨーロッパに分布されてます。日本は遅れに遅れ 貴重な資料の保持はほぼありません。とてもとても残念でなりませんね。
とは言え、行くことに悪いとは全くありません。アイヌの言葉で歌われる歌は圧巻でブルッと来ました。

まだまだHPを見ながら予約状況や空いている時間の確認はしてください。博物館に行かなければとてももったいないです。
展示物の入れ換えにはとても期待はしております!!

季節

2020.08.07

立秋

暦では立秋の本日ですが、

猛暑日となってしまいました。

梅雨明けが遅くなりこれから暑さが続きますが、皆さん熱中症には気を付けましょう。

 

残念ですが、皎月院ではありません。

ご案内

2020.08.06

すっきりと

皎月院の本堂手前にあります

水子地蔵さんの裏側には

杉、欅、楠が植わっておりました。

それぞれの季節にはたくさんの落ち葉により

掃除が連日となってとても大変でした。

今回思いきって7本伐採しました。

すっきりと明るくなりました。

それだけではなく、風雨による倒壊被害がなくなったのはとても重要であると考えてもおりました。

お盆参りでお寺にお越しの際には

ぜひとも見ていただきたい箇所です!!

 

どうぞよろしくお願い致します。

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ