曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 皎月院副住職 亨龍日記

曹洞宗

2020.11.06

總持寺移転

曹洞宗大本山總持寺は、1321年(元亨元年)

能登(石川県)の地に瑩山禅師さまによって開かれました。

以来、能登にあって人々の信仰を集めてきましたが、

1898年(明治31年)4月13日午後九時から

14日午前2時まで、5時間にわたる火災により伽藍(がらん)の大部分が焼失したのを契機とされ、

時代の推移と宗門の要請により1911年(同44年)に横浜鶴見の地へ移転されました。

2011年(平成23年)は、總持寺が横浜に移転して100年目の節目にあたりました。

 

ですが、調べていきますと移転の原因は明治政府による

宗教政策である神仏分離令やそれに伴う廃仏棄釈が行われ、日本仏教史上最大の法難であったともされます。

経済的にも1871年(明治4年)に行われた社寺領上地令により、

寺領の四百石も政府に没収されてしまう。

また、多くの援助を受けていた前田家からも途絶えてしまったからでもあるようです。

それにより多くの借金をされてもいます。

消失カ所は、仏殿、法堂などのメインや修行する大部分が消失してしまいました。

1590年(天正18年)と1806年(文化3年)にも火災により被害は甚大でした。

幸いなことに、経蔵や宝蔵が消失しませんでした。助かりました。

明治44年11月5日に、

移転遷祖式として当時の總持寺禅師さま石川猊下により法要が行われました。

それからは、11月5日を總持寺御移転記念日とされております。

禅のことば

2020.11.01

霜月

今年も残すところ2ヶ月となりました。

11月に入り朝晩の冷え込みが更に増してきました。

私の好きなお鍋の季節がやってきました。

食事の前に姿勢を正して合掌しながら「いただきます」は一般的ですが、曹洞宗では、お唱えをしてから食事を頂きます。

それは、

「五観の偈(ごかんのげ)」

と言う偈文です。

一には、功(こう)の多少(たしょう)を計(はか)り、かの来処(らいしょ)を量(はか)る。

二つには、おのれか徳行の全欠(ぜんけつ)を忖(はか)って供に応ず。

三つには、心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。

四つには、まさに良薬を事とするは形枯(ぎょうこ)を療ぜんがためなり。

五つには、成道のための故に今この食を受く。

(意訳)
一つには、大自然の恵みと多くの人々の労苦があったことを思い感謝していただきます。

二つには、この食事をいただくにふさわしい行ないをしているかどうか反省していただきます。

三つには、好き嫌いせず味わっていただくことは、「むさぼり、いかり、ねたみ」の三毒「貪瞋癡」をおさえることですから、修養の心をもっていただきます。

四つには、健康な体と心を保つために良薬としていただきます。

五つには、円満な人格形成「仏の道を成ずるため」の為にいただきます。

その他

2020.10.30

六曜とは迷信

暦を見ると数字の横に先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六曜が記されています。
この六曜の表記になったのは、

19世紀前半とされ、古くは

【即吉・共引・周吉・虚亡・泰安・赤口】

だったそうです。(異説があります。)

先勝(せんしょう、さきがち)は急ぎの用事や願い事に、午前は良い、午後は悪いといわれています。
友引(ともびき)は朝と晩が良く、午後は悪く、友を引くから葬儀はしない。と言われますが、

元来「共引」なので、「相打ち友引とて勝負なし」という引き分けを意味しております。
先負(せんふ、さきまけ)は午前は悪く、午後は良いといわれています。
仏滅(ぶつめつ)は終日悪いとのことで、仏事供養は控えた方がよいともいわれていますが、迷信であり、もとの意は「虚亡・空亡」と言われておりましたが、すべてが虚しいと解釈されてしまい

【物滅】と書かれるようになり、

さらには、「仏滅」の字が当てられるようにもなりました。

大安(たいあん)は-日中よいといわれ、婚礼とか、お祝い事の日にあてるということであります。
赤口(せきこう、しゃくこう)は正午だけ良く、あとは悪いとされています。

月の満ち欠けによる太陰暦の朔日(ついたち)は、

1月と7月が先勝。

2月と8月が友引。

3月と9月が先負。

このように機械的に割り当てられているようで、それから順に六曜が付されているだけで、そこに特別な意味はないとも言われております。

禅の教えでは、

【日日是好日】

と言う素晴らしい言葉があります。

皆さまにはそれぞれご先祖さまから頂いた知性や感性が備わっております。迷信やテレビ・メディア、インターネット、SNSの情報に惑わされず、

ご自身を研鑽され、一度しかない自分の人生ですので、自分らしく歩みましょう。

禅のことば 瑩山さま

2020.10.29

坐禅

瑩山禅師さまが永光寺(ようこうじ)にて住職をされていた頃に書き記された書物に

『坐禅用心記(ざぜんようじんき)』

があります。

その一文に

『夫(そ)れ坐禅は直に人をして

心地を開明し本分に安住せしむ』

【坐禅とは、自らが自らの真実を明かにして、

本来の境地に安住することである。】と

坐禅というものは、人から学ぶものでなく

私たちがこの身をもって自分自身の真実を体感し、

自分本来の居場所である悟りの境地に、

今いることを確かめる仏の作法であるというのです。

 

曹洞宗

2020.10.28

承陽塔銘

峨山禅師の撰文です。

風化や損傷がひどく、昭和45年(1970年)9月29日に復刻再建されたものです。

【読み方】

越前の国志比庄吉祥山永平全般的寺は、佛法禅師道元和尚開闢(かいびゃく)の真跡(しんせき)にして、勅許紫衣を賜うの法窟、日本曹洞根起の大本山なり。二世懐奘及び徹通、吾が先師瑩山に到って四世、正法展々、支葉聯綿(しようれんめん)たり。その徒皆宗乗を演暢(えんちょう)し権実兼ね行ふ。吾また瑩山の示誨を受け、肇めて永平の的意を得たるなり。吾が法徒たる太源・通幻・無端・大徹・実峰すべて玄門を遠く邇(ちか)く闢き、法輪の枢機を執ふ。諸宗服膺(ふくよう)する者海の湧くが如く、為に鳥を駆る者雲の従うが如し。ああ世尊の正法眼、扶桑揚げて赫々たるは、おさめて元和尚傑出の故なり。故に児孫は深く永平の禅味を甘ひ、各自法乳の恩を知りて、長くまさに祖山の栄光を憶ふべし。もし、真跡をして、荒撫(こうぶ)の地に著(つ)かしむる者は、永平の児孫たらず。菩薩の子は勉むべし。

貞治二年(1363年)八月二十八日

古佛第五の法孫峨山、再び塔を礼して香を焚き謹んで記す

 

 

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ