曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > お経

お経

2021.07.06

般若心経

『摩訶般若波羅蜜多心経』

浄土真宗や日蓮宗では読まれないお経ではありますが、最も有名なお経の1つかと思います。

大乗仏教の教えを262文字に凝縮されたお経であり、空の真理や教えが説かれており、最後には「羯諦羯諦〜」と呪文で結ばれる真言密教のお経ではないでしょうか。

インドの古い言葉であるサンスクリット語の音写で摩訶般若波羅蜜多の八文字で「マハー(摩訶)プラジュニャー(般若)パーラミター(波羅蜜多)」、心経は中国語です。

般若とは、智慧と意訳できます。智恵とは違います。

波羅蜜多は、サンスクリット語ではパーラミターと読み<完成>を意味します。または、パーラムイターと読み<彼岸に渡るや彼岸に至る>と意味します。

般若心経とは、素晴らしい仏さまの智慧の完成が説かれているお経なのです。

「観音菩薩は、仏さまの智慧の完成を実践されたとき、肉体も精神もすべてが空であり、空によってあらゆる苦悩を克服された」

「五蘊」色、受、想、行、識の五つの集まりを意味し

色とは、全ての物質をあらわし

受とは、感受。想とは、表象であり

行とは、意志とし識とは、認識の作用のことで

この五つは私たち人間の肉体と精神の意味となります。

 

 

お経

2021.04.30

本尊上供

本尊上供(ほんぞんじょうぐ)

私たちの曹洞宗では、法要の始めにまず

般若心経を読経いたします。それは、安心(あんじん)の帰依処であられる

一仏両祖に供養いたします。

お経をお唱えした後にはその功徳が廻らされる回向文があります。

また、一仏両祖(いちぶつりょうそ)とは

御本尊さまであられるお釈迦さまや

曹洞宗の御開山(大本山永平寺)であられる高祖常陽大師(こうそじょうようだいし)道元禅師さま

多くのお弟子を育てられ、道元さまの教えを広く普及された

四世 (大本山總持寺開山)太祖常済大師(たいそじょうさいだいし)瑩山禅師さまです。

般若心経の後読まれる回向である

本尊上供の内容は

「一仏両祖に供養し、この上ない仏の位に達しているおさとりの徳を

いよいよ清らかなものにいたします。

そして願うところには、この世のすべてのご恩はもとより、仏法僧の三宝への報恩

すべての世界の生きとし生ける人々が救われ、同じく仏さまの智慧がまどかにそなわりたいものです。

そして、心から願い祈るところは、

各々の家門繁栄、子孫が絶えることなく続き、災難や災いの障害がなくなり、

皆が幸せでいられますように」と

般若心経のあとに読まれています

本尊上供(回向文)の意訳です。

四月もまもなく終わりです。五月もよろしくお願いします。

お経

2021.03.14

観音さま

『観音経』と言うお経には

観音さまの功徳がたくさん述べられております。

「世尊妙相具(せそんみょうそうぐ)」から

始まります偈頌では

無尽意菩薩(むじんにぼさつ)と言う仏さまが

お釈迦さまに「観音さまはどうして観音さまと名づけられるのですか?」と問いかけます。

それに対しての答えがお経となっております。

例えば「弘誓深如海」(ぐぜいじんにょかい)

弘誓の深きこと海のごとし。と

観音さまが私たちを救ってくださることのはたらきは

世界中あらゆる所にも行き渡るものであり、

苦しみから救い出そうという誓願は、

時間的にも空間的にも

広大無限の広さや深さを持っておられるのである。

とお説きになられております。

南無観世音菩薩

 

お経 法要

2020.11.15

祝祷

毎月1日・15日は祝祷日(しゅくとうび)とされ

祝祷諷経としてお経を諷誦いたします。

基本的には、『摩訶般若波羅蜜多心経』を諷誦いたします。

その廻らす功徳である

<回向(えこう)>文は、

『巍巍(ぎぎ)たる金相(こんそう)、堂堂(どうどう)たる覚王(かくおう)、三界(さんがい)の独尊(どくそん)、万霊(ばんれい)皆な仰ぐ。

山門この令辰(れいしん)に遇う毎に、謹んで合山の清衆を集め、恭しく大仏宝殿に就いて、

摩訶般若波羅蜜多心経を諷誦する功徳は、

大恩教主本師釈迦牟尼仏、高祖承陽大師(こうそじょうようだいし道元禅師)、太祖常済大師(たいそじょうさいだいし瑩山禅師)に供養し奉り、

仰いで広大の慈恩を冀(こいねが)い、俯して永劫(ようごう)の霊徳に感ず。

専ら祈る。正法興隆、国土安穏、万邦和楽、諸縁吉祥ならんことを。』

「大いなる仏、金色に輝く大人(だいにん)の相をされている仏、どうどうとされたお姿の覚りを成就された仏、三界(欲界・色界・無色界とされるこの世のすべてにおいて尊い)とされるこの上ない尊いお釈迦さまの徳を、私たちは皆仰いでおります。

本日の祝祷日、謹んで私たちは仏殿(本堂)において、摩訶般若波羅蜜多心経を読誦し、お釈迦さま、道元禅師さま、瑩山禅師さまの一仏両祖にご供養いたします。

合掌、礼拝しまして広く大いなる、慈しみに充ちた恵みを仰ぎ、いつまでも変わることない妙徳をいただかせて頂きます。

更に祈るところは、お釈迦さまをはじめ、多くの祖師方の教え、慈愛、和平をこの世のすべての生きとしいけるものへ廻らし、皆がめでたく幸せでありますようにと念じます」

このような意味の回向文であります。

《釈迦如来像》

 

仏道修行=発菩提心(ほつぼたいしん)であります。

 

 

お経 曹洞宗

2020.10.03

般若心経2

お経もそうですが、「般若心経」も

漢字ばかりでわからなく、何が書いてあるか分からないかと思います。

お盆や御法事、お葬式でも唱えるお経だけども

大人に聞いても分からないことが多いし、先生に聞いても難しい言葉が多いかもしれません。もちろんわかるかたもいますので、まずは聞いてみましょう。

でも、なぜ分からないことだらけのお経を読むのか?

それは、

分からないかもしれませんが、

自分の為のお経であり、

「般若心経」なのかもしれません。

今のあなたは

自分中心でものごとをみていませんか?

言い替えれば「必要以上にこだわってませんか?」

または、

「ものを差別や区別して見ていませんか?」

「色メガネのように肩書きや外見で判断してしまって見ていませんか?」

ましてや

「疑いの心で見ていませんか?」

逆に

「自由な心で優しく、おおらかなに生きていますか?」

と「般若心経」は問いかけているのです。

人は、十人十色なんです。いろいろな見方が必ずあります。ましてや国や地域。信仰もです。

ですが、そのどれもが絶対ではありません。

たとえば、

死を迎えるまで幸せに暮らす人もいれぱ、

不幸な心で暮らす人もいます。

「般若心経」では、それは

欲望や執着心が多すぎてしまったからだと言っております。

『般若心経』の教えとは、

欲望や執着心を捨てて

こだわらない心で

おおらかに生きるということが教えの核なのです。

それはお釈迦さまの教えでもあり

私たちの思うところなのです。

 

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ