曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > お経

禅のことば お経

2020.04.24

大悲呪(だいひしゅ)

大悲呪は
「大悲心陀羅尼」(だいひしんだらに)と私たちは呼んでいますが
正式には「千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼」(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつこうだいえんまんむげだいひしんだらに)と言います。
千手千眼を持つ観自在菩薩(観世音菩薩、観音さま)の
広大無辺・無量円満・無礙融通なる大慈悲心を表した陀羅尼です。

多くの経典によると、観音さまは覚りを得られた如来さまから「この神呪を持して、あまねく未来悪世の一切衆生のために大利益をなすべし」という言葉とともに、「大悲心陀羅尼」を授かり、すべての衆生の利益・安楽を願いを見聞することを誓うことにより千手千眼を授かったともされております。

また、サンスクリット原典をそのまま漢字で音写しているため、お経を読んでも聴いても日本人の私たちにはとても理解できない呪文のようなものです。例えば

「婆慮羯帝爍囉」(ぼりょきーちーしふらー)=観世音菩薩、観音さまのことです。

「唵」(えん)=オーン。陀羅尼や真言の祈りの言葉の冒頭につく神聖な声音のことです。

「娑婆訶」(そもこー)=幸あれ。原語ではスヴァーハー。祈願の成就を祈って陀羅尼や真言の最後に唱える秘密の言葉でもあるようです。

「陀羅尼」とは、「保持」を意味するサンスクリット語の「ダーラニー」であり「お釈迦さまの教えを記憶して保持する力」と言われております。また、漢訳では、「總持」とも訳されてております。そうなると現在横浜の鶴見にあります大本山總持寺は、「善をよく保つ力の秘められているお寺」ともなるのでしょうかね。

 

簡単ですが以上のことより

大悲心陀羅尼は
衆生安楽・病気削除・福寿延命・富饒獲得・悪業重罪滅徐・障難遠離
白法功徳増長・善根成就・畏怖遠離・希求満足などといった
広大無辺の功徳がとかれております。

禅のことば お経

2020.04.13

三帰礼文

三帰礼文(さんきらいもん)

 

仏・法・僧の三宝です。

こちらは仏教の基本の言葉です。

「三帰」とは三宝を信仰すことです。

お釈迦さま、お釈迦さまの教え、仏教徒としての仲間

です。

<お釈迦さまが説法された霊鷲山(りょうじゅせん)鷲の形に似ていますね>

【三帰礼文】

『自帰依仏 当願衆生 体解大道 発無上意(じきえぶつ とうがんしゅじょう たいげだいどう ほつむじょうどう)

自帰依法 当願衆生 深入経蔵 智慧如海(じきえほう とうがんしゅじょう じんにゅうきょうぞう ちえにょかい)

自帰依僧 当願衆生 統理大衆 一切無礙(じきえそう とうがんしゅじょう とうりだいしゅ いっさいむげ)』

 

同じ三宝を敬い誓いをたてる

【三帰戒】(さんきかい)もあります。

『南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧

〈お釈迦さまを信仰してまいります。お釈迦さまの教えを信仰してまいります。お釈迦さまを信仰していく皆と共に信仰してまいります。〉

帰依仏無上尊(むじょうそん) 帰依法離塵尊(りじんそん) 帰依僧和合尊(わごうそん)

帰依仏竟(ぶっきょう) 帰依法竟 帰依僧竟』

こちらは曹洞宗ならではかもしれませんが、大切な経文です。

一仏両祖である

お釈迦様、道元禅師さま、瑩山禅師さま。

三尊を礼拝するということは

多くの祖師さま方をも礼拝するとともに

その行いがほとけの慈悲や光明に照らされるそのものなのです。

 

どうぞ日々のお参りの際には

『南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧』

及び

(または)

『南無釈迦牟尼仏』(なむきえぶつ)

をどうぞお唱え下さい。

 

 

 

お経

2020.04.11

開経偈

【開経偈(かいきょうげ)】

お経を開くにあたっての祈りの言葉

〈原文〉

『無上甚深微妙法(むじょうじんじんみみょうほう)

百千万劫難遭遇(ひゃくせんまんごうなんそうぐう)

我今見聞得受持(がこんけんもんとくじゅじ)

願解如来真実義(がんげにょらいせんじつぎ)』

〈読み下し文〉

無上甚深微妙(むじょうじんじんみみょう)の法は

百千万劫(ひゃくせんまんごう)にも遭(あ)い遇(お)うこと難(かた)し

我れ今見聞し受持することを得たり

願わくは如来真実の義を解せん

〈意訳〉

この上なくすぐれ深くて艶やかで素晴らしい仏陀の教えはには

百千万もの長い時間をかけたとしても、めぐり出会うことは難しいです。

ですが、私はいま仏の教えを見聞きしていただくことができる機会を得ました。

願うことは、仏陀如来の説かれる真実の心、教えを明らかにできますように。

開花しました

 

 

お経

2020.04.10

法華経

私どもの曹洞宗は法華経のお経を読みます。

御開山である高祖承陽大師道元禅師さまは

出家するとともに、当時では仏教教学を学ぶ最高峰である

比叡山にて修行され、天台の教えをも学ばれておりました。

ですので、法華経の教えを基本教義としておられている考えがあるとも思います。

教えとはすべてお釈迦さまの法、教えでありますので

素晴らしく尊い教えであります。

 

曹洞宗では、鳩摩羅什(くまらじゅ)訳の

法華経八巻の二十八品の中から

観世音菩薩普門品(観音経)第二十五・如来寿量品(寿量品)大十六

如来神力品(神力品)第二十一・安楽行品(安楽品)第十四

これらの四品をもちい

特にわたしは観音経偈、寿量品偈はよく読んでおります。

「如来寿量品」は

字のごとくお釈迦さまである「如来」の寿量「いのち」をたたえたお経です。

 

『妙法蓮華経如来寿量品』(みょうほうれんげきょうにょらいじゅりょうほん)

読む、読経すことはなかなか難しいです。

なかなか口が回らず早口言葉を発することが苦手な私には難易度が高いお経です。

ですが、お経そのものの意味が分からなくとも

読むこと、読もうとすることだけでも

”発心・修行・菩提・涅槃”の行持道環(ぎょうじどうかん)の

発心(発菩提心)と修行を行うのです。

とはいえ、内容も知っていただければとも思いますので

これから学んでいこうと思います。

禅のことば お経

2020.02.05

舎利礼文3

2月15日
80才のご生涯をとじられたのは、

シャカ族の王子として誕生された
幼名 ゴータマ・シッダールタ
として産まれ
お釈迦さまとして呼ばれ
曹洞宗の御本尊さまのことです。

『舎利礼文』
の続きですが、
『発菩提心 修菩薩行 同入円寂』
(ほつぼだいしん しゅうぼうさつぎょう どうにゅうえんじゃく)
<修行や覚りを求めようとする心を起こさせてくださり、 修行や覚りを実践させてくださったり 皆、すべてが涅槃となる寂浄の境地へとみちびき入れてくれる>

『平等大智 今将頂礼』
(びょうどうだいち こんじょうちょうらい)
<すべてに対して隔てなく、大いなる偉大な智慧と 今をまさに頂戴し、礼拝致します。 3回にわけ 『舎利礼文』を詠ませていただきました。 ありがとうございます。

お釈迦さまはとても偉大で
常に
想い慕い礼拝の対象の
御本尊さまです。
南無釈迦牟尼佛
なむしゃかむにぶつ

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ