曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 禅のことば

禅のことば

2021.04.04

今日なすこと

『他は是れ吾にあらず』

(たはこれわれにあらず)

自己中心的な意味の言葉ではなく

他人は他人という意味でもなく

自分のための人生なのであるから自分で自ずからやらなければならないという意味であります。

こちらは道元禅師さまが、

中国の宋、天童山景徳寺にいた時の事です。

ある日の日差しが強い日、典座(修行僧の調理を担当する部署)老師がキノコを並べ干している様子を見た道元禅師さまは、「炎天下にご自分でなさらずとも誰か若い修行僧にやらせてはいかがですか」と申されたそうです。ですが老師は、

「他是不吾」との返答後さらに

「他人がしたのでは、私がしたことにならない。椎茸を干すのも大切な作務であり修行なのである。今やらなければ、誰がやるのであろうか。」

今をやるべきことや、やらなければならない事は、自分が一番よく知っているはずであり、やると決めたことは最後までやりきることが大切なことであります。

助言や忠告は大変ありがたいことではありますが、周りからの言葉に左右されず、いま自分ができることをやり通すことも時にはとても大切であり必要な事であるのです。

 

 

禅のことば 修証義 曹洞宗 道元さまのお言葉

2021.04.01

今日

曹洞宗の教義内容を書かれている経典である

『修証義』(しゅしょうぎ)

道元禅師さまの教えが書き残されている

『正法眼蔵』の本文をもとに編集されております。

修証義は、全五章、31節、3704字にまとめ上げられております。

その冒頭は、

「生(しょう)を明(あき)らめ死を明らむるは仏家一大事(ぶっけいちだいじ)の因縁なり」

とあります。

生とはなにか、死とはなにか。

私たちは何のために生まれ、どのように生きて行くべきなのか。それを少しでも明らかにすることが仏道を行く者である私たちのつとめなのである。と言っております。 これは、仏道を歩むものだけではなく、人として生まれてきた私たち全ての人が考え続ける事なのかもしれません。なので「一大事」と最も大切で重要なことと示されているのではないでしょうか。紆余曲折しながらも前に進む精進、今を大切にする教えでもあります。

木版(もっぱん)と言う時を告げるために打ち鳴らす木の板に書かれている言葉は、

「大衆に白(もう)す

生死事大(しょうじじだい)

無常迅速(むじょうじんそく)

各宜醒覚(かくぎせいかく)

慎勿放逸(しんもつほういつ)」

時は人を待たずにすみやかに流れる

無駄に時間を費やすことなく今の修行に励み一大事に向き合うのである。

と言う戒めであります。

今を大事にです。

 

 

 

禅のことば

2021.03.20

春分の日

今日はお彼岸のお中日です。

春のお彼岸の度に思いおこされますが、本日はオウム真理教による地下鉄サリン事件から26年が経ち、二十七回忌になります。

仏教徒として大切な四つのお誓いがございます。

『四弘誓願(しぐせいがん)』

  1. 衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)
  2. 煩悩無尽誓願断(ぼんのうむじんせいがんだん)
  3. 法門無量誓願学(ほうもんむりょうせいがんがく)
  4. 仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう)

救わなければならない人々は限りがありませんが、全ての人を救う事を願います。

欲望は次から次へと湧いてしまい止めようがありませんが、断わる事を願います。

お釈迦さまの教えは奥が深いけども、学び尽くす事を願います。

お悟りを得る道は果てしないけれど、きっと到達できる事を願います。

仏道を成就できますように、そして皆さま方が願う想いが成就できますように

日々努めて参りましょう。   合掌

また

亡き弟 恵龍和尚のオリジナル遺影入り坊塔位牌

が出来上がりました。

 

札幌の奥山柳造商店さまにお願い致しました。

 

 

禅のことば

2021.03.17

春彼岸

本日は春のお彼岸の入りです。

20日土曜日が春分の日お中日となります。

今日から自己の仏道強化週間です。

六波羅蜜(ろくはらみつ)と言う

6つの修行徳目があります。

  1. 布施(ふせ) 分かち合う喜びを知る
  2. 持戒(じかい) 良い習慣を心がける
  3. 忍辱(にんにく) 辛抱強く取り組む
  4. 精進(しょうじん) 毎日をしっかりと生きる
  5. 禅定(ぜんじょう) 坐禅をし心穏やかに過ごす
  6. 智慧(ちえ) 物事を深く理解する

ぜひとも一緒に実践しましょう。

 

 

 

禅のことば 曹洞宗

2021.03.10

行雲流水

行雲流水(こううんりゅうすい)

私たちが上を見上げると、そこには

大空に浮かぶ雲があるでしょう。

その雲は、水が流れるがごとく

どこまでも自由に、そして一切とらわれることなく

自由に大空を漂っているようにも見えます。

雲を眺めていますと

風により形を変えたり、行く方向を変えたりと変幻自在なのか、または身を任せているのだろうか?

同じように、水も変幻自在です。下流へ向かうために紆余曲折したり、時にはじっと身構え、周りに影響され姿や形も変わることもあるかもしれません。

行雲流水とは、修行僧の事を言っておりました。

心に引っかかりがなく、一所不住であり

行く雲と流れる水のように例えられておりました。

大本山永平寺

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ