曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 道元さまのお言葉

道元さまのお言葉

2020.12.19

初雪

八王子では今朝より最低気温が氷点下になり始め、

外の水道官の凍結防止に、水抜が欠かさなくなりました。

道元禅師さまは、京都から福井へと行き大仏寺(永平寺)を建立されましたが、

その前に、吉峰寺(きっぽうじ)に入られました。

この頃(1243年)に多くのお弟子に対して教えを『正法眼蔵』に書き示され、説かれておりました。

本当に厳しい冬の雪。とても雪深い自然の中で、自らが求めている仏道と弟子の育成と継承。

道元禅師さまがその際に詠まれたとする詩が

『我が庵(いお)は   こしの白山(しらやま)   冬こもり

氷も雪も   雲かかりけり』

道元さまのお言葉

2020.12.06

真っ直ぐする

坐禅は、ゆっくりと呼吸をしながら

身体を真っ直ぐに調えること、

心を真っ直ぐに調えること、

身も心も一体に真っ直ぐに調えることです。

『正法眼蔵』「三昧王三昧」では、

『結跏趺坐は、直身なり、直身心なり、直仏祖なり。

直修証なり、直頂にんなり、直命脈なり。』

と、坐禅を、「直」の一字で説かれてもいますが、

身も心も一体に真っ直ぐにすることであります。

真っ直ぐとは、簡単なようで簡単ではありません。

お線香を真っ直ぐに調えること差すのは私の力量ですが、ご本尊さまを中心にしますと、お供えのお花やお供物が左右対称でなかったり、お位牌や遺影が曲がっていたり、向きが揃っていないだけでも気になってしまいます。

最近では、パソコンや携帯電話の仕様によって私たちの身体がしっかりと真っ直ぐに伸びていないかもしれません。

前屈みや首の前傾、猫背や肩がまるくすぼんでしまったりと、

意識して深呼吸することもとても大切です。

胸を張って身体を真っ直ぐにすることにより

真っ直ぐに沢山の呼吸ができるかと思います。

ぜひ意識してやってみましょう。

道元さまのお言葉

2020.12.03

坐禅期間

12月8日の成道会まで坐禅期間とされ、

臘八摂心(ろうはつせっしん)と言います。

日々の生活がありますので、

坐禅をただひたすらにできることは

幸せでもあります。

かかわりあいをすべて捨ててしまい、

ゆったりとした気分になるもの。

『諸縁を放捨し、万事を休息すべし。』

(正法眼蔵 坐禅儀より)

 

道元さまのお言葉

2020.11.18

功徳を積む

皎月院のホームページを立ち上げ

私のブログを始めてから

今回の投稿で

1,000回を迎えました。

御詠歌を通して学ぶことができ、

またブログを投稿することで

仏教、曹洞宗の教えを自分でも学ぶ励みとなりました。これからもコツコツと精進して参りたいと思います。

本日は、道元禅師さまの

遺言を紹介させて頂き、

少しゆるんだ紐を今一度締め直したいと思います。

《遺偈》

『五十四年照第一天

打箇勃跳觸破大千

渾身無覓活陥黄泉』

【五十四年、第一天を照らす。

この勃跳(ぼっちょう)を打して、

大千(だいせん)を触破(そくは)す。

ああ

渾身(こんしん)もとむるなく、

活(い)きながら黄泉(こうせん)に陥(お)つ】

《五十四年の間、

ひたすら第一天を照らし(ひとすじに仏法を求め)、

飛び跳ねて宇宙の果てまで駆けめぐった(正伝の仏法とめぐりあった)。

ああ、いきながら黄泉に落ちようとも、

もう何も求めることはない。》

 

道元さまのお言葉

2020.11.17

初雪に

道元禅師さまは、

1244年(寛元2年)9月25日に

【初雪を詠ず】とし

『長月の  紅葉のうへに  ゆき降て

見ん人たれか  歌をよまさる』

と詠まれております。

後に永平寺と改称される大仏寺において、

紅葉の木々の上に降った真っ白な初雪を

目にされました。

初雪に感動されただけではなく、

ついにこの地、この場から仏道の正しい教えを。

正法を行じていくのだとという新たなる思いを持って、今ある目の前の風景を忘れずに眺められていたのではないでしょうか?この景色を見て、詩を詠まずにいられるであろうか、とお弟子たちにも語りかけていられる様子さえも想像してしまいます。

 

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ