曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > 皎月院副住職 亨龍日記

ご案内 一歩の会

2019.09.03

禅のつどいフェスティバル

まもなく2か月後
11月10日(日曜日)
曹洞宗 龍雲山 髙乘寺にて
青年部 一歩の会
発足50周年記念イベント
『禅のつどいフェスティバル』
開催します。

【コンテンツのご案内】

・寺ヨガ

第1部は8時半より
Hiro先生×Ai先生によるコラボレーションでおこないます。

第2部は9時40分より
『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想“今この瞬間”に心と身体をつなぐ』 著者の 松村 憲先生です。

午後の記念講演ゲストの藤田老師も参加いただける予定です😊

ヨガは一部二部それぞれ、参加料1000円。
レンタルマット300円。
定員50名ほど

託児所もあります(要予約)
駐車場ありません。
高尾駅北口から無料送迎バスあります。

皆さんのご参加お待ちしています🙏✨
お問い合わせ
kougetsuin.koryu@gmail.com

寺ヨガ 講師プロフィール

Hiro
学生時代より世界中を旅し、明治学院大学卒業後、2002年、インドでヨガに出会う。
そこでヨーガの師に出会い、その叡智の魅力に引き込まれ、インドの様々な聖地にあるアシュラムやヨーガカレッジ及び、北インドのリシケシに移り住み、様々なヨガの哲学やスタイルを学ぶ。
また東南アジアにある様々な仏教寺院では瞑想法を学ぶ。帰国後、スタジオ・ヨギーにて指導を始め、現在に至る。
ヨガは入門あって卒業なし。
ヨーガの師や仏教学者である父、廣澤隆之、そして森羅万象全ての営みより、教えを学ぶ日々である。ヨガと仏教瞑想に関する著書も執筆。
著書『ヨーガではじめる阿字観瞑想のすすめ』かんき出版

Ai
WEBデザイナーとして忙しい日々を送る中、心身のバランスを崩しヨガを始める。体を動かし、あるがままの自分を受け入れる事により日常生活や仕事にもプラスに影響するのを実感し救われる。同じように必要な方にヨガを発信したいと思い、インストラクターを志す。2010年から神奈川県のヨガスタジオで指導を始める。近年では、マインドフルネスとヨガを融合させたスタイルに感銘を受け、マインドフルネスや瞑想の学びを深めている。「すべての答えは自分が持っている」をコンセプトに。瞑想やヨガで内観し、自分を深く正しく観る力を養うワークショップを企画・指導中。

松村憲
ヨガインストラクター。臨床心理士。都内ヨガスタジオでマインドフルネス瞑想の指導や、指導者育成に取り組んでいる。心身を統合的に考え、人と社会や組織のつながりにも関心が高く、マインドフルネスや専門としているプロセスワークを活用して、人材開発や組織の活性化にも取り組んでいる。著書に『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想“今この瞬間”に心と身体をつなぐ』(BABジャパン2015)などがある。一般社団法人日本プロセスワークセンター理事。株式会社BLUE JIGEN代表。

季節

2019.09.01

九月 長月となりました

本日9月1日は
関東大震災が起きた日であり、
今は防災の日ともなってます。
1923年(大正12年)、96年も経つんですね。
また、本日は雑節の1つ
二十四節気の立春より数えると二百十日ともなります。

御詠歌

2019.08.31

御詠歌講習会

八月最後

札幌市 中央寺にて
曹洞宗梅花流宗務庁主催講習会に参加してきました。
全国から多くの仲間が集まり
2泊3日とても濃い講習を受けることができました。
講師の先生方や仲間には
大変感謝です。

禅のことば

2019.08.24

日日是好日

日日是好日(にちにちこれこうにち)

毎日が最良の日であること。
雨の日も風の日も
悲しくつらい日も
しっかりと受けとめていこう
「日日」とは
過去、今、未来を含んでいる。
「好日」とは
吉祥の日であり、
すぎたことをくよくよしても始まらない。
明日は良いことがあると期待しても
「好日」はやってこない。
毎日が吉祥の日であると心がけていれば
充実した日が送れる。
もちろん毎日が良いとはなりませんが、
悪い日も好きと受けとめる心があれば
「好日」であります。

一歩の会

2019.08.17

イベント情報

一歩の会よりご案内です。

【イベント情報】

今日は「禅のつどいフェスティバル」で
私たちがお勤めします法要を紹介いたします。

「みんなで祝おう!七五三法要」
11月10日(日)11:00~ 髙乘寺本堂

参加費
一  般:5000円
貸衣装込:7000円

お寺での法要というと一般的には法事などを連想されるかと思います。それだけではなく、お寺では結婚式やあるいは新年をお祝いするご祈祷など、喜びを寿ぐ儀式もお勤めしています。私たち一歩の会が今回の禅のつどいフェスティバルを開催するにあたって皆様にお伝えしたいもののひとつに、お寺は「よろこびを育む場」でもあるということがあります。

フェスティバルの開催が11月であること、そして髙乘寺にはご祈祷のための設備が整っている事から、記念行事の一環として皆様の七五三をお祝いする法要を厳修しようと考えました。

また、今回「お稚児さん」の衣装を希望される方に貸し出しています(添付画像参照)。無病息災を祝うきらびやかな衣装で、お子様の豊かな未来をご祈念してはいかがでしょうか。

―注意事項―

※)申し込みは九月中旬から開始致します。
※)衣装レンタルの方は着付けも致します。
※)その他更衣室もご用意しております。
※)集合時間は一時間ほど前となります。
※)その他詳細は別途ご案内致します。

一歩の会発足五十周年記念事業「禅のつどいフェスティバル」
https://www.facebook.com/events/417367135535909/

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ