曹洞宗 常圓山 皎月院

皎月院TOP > お経

禅のことば お経

2020.02.05

舎利礼文3

2月15日
80才のご生涯をとじられたのは、

シャカ族の王子として誕生された
幼名 ゴータマ・シッダールタ
として産まれ
お釈迦さまとして呼ばれ
曹洞宗の御本尊さまのことです。

『舎利礼文』
の続きですが、
『発菩提心 修菩薩行 同入円寂』
(ほつぼだいしん しゅうぼうさつぎょう どうにゅうえんじゃく)
<修行や覚りを求めようとする心を起こさせてくださり、 修行や覚りを実践させてくださったり 皆、すべてが涅槃となる寂浄の境地へとみちびき入れてくれる>

『平等大智 今将頂礼』
(びょうどうだいち こんじょうちょうらい)
<すべてに対して隔てなく、大いなる偉大な智慧と 今をまさに頂戴し、礼拝致します。 3回にわけ 『舎利礼文』を詠ませていただきました。 ありがとうございます。

お釈迦さまはとても偉大で
常に
想い慕い礼拝の対象の
御本尊さまです。
南無釈迦牟尼佛
なむしゃかむにぶつ

お経

2018.01.10

南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)

観音さまの功徳を
説きました経典がございます

『延命十句観音経』です

観世音(かんぜーおん)
南無仏(なーむーぶつ)
与仏有因(よーぶつうーいん)
与仏有縁(よーぶつうーえん)
仏法僧縁(ぶっぽうそうえん)
常楽我浄(じゅーらくがーじょう)
朝念観世音(ちょうねんかんぜーおん)
暮念観世音(ぼーねんかんぜーおん)
念念従心起(ねんねんじゅーしんきー)
念念不離心(ねんねんふーりーしん)

観音さまの信仰を十句、
字数にして四十二字の
短いお経です。

観音さまの慈悲深い徳をあらわし
仏教の根本的な教えである
「縁起」と
その信仰の根拠を挙げながら、
わたしたちが
「仏・菩薩」の
生活をするべく誓いを立てているように
構成されているそうです。

「朝念観世音(ちょうねんかんぜーおん)
 暮念観世音(ぼーねんかんぜーおん)」では、
朝に夕べに観音さまを念じその徳を讃え、
慈悲の心へと近づく誓い。

「念念従心起(ねんねんじゅーしんきー)
念念不離心(ねんねんふーりーしん)」では
観音さまを常に念ずるならば、
慈悲の思いがわき起り、
決して観音さまの心から離れることはないであろう。
と説かれております。

お経

2017.08.31

遺経(ゆいきょう)その7

仏垂般涅槃略説教誡経

八大人覚の残りですが、

5、不忘念
【不忘念の功徳】
善き導き手(善知識)を求め、善き道の友を求めたいと思うならば、
心の方向を忘れないこと(不忘念)です。
心の方向を忘れない人は、あらゆる煩悩という賊も入ることはできないでしょう。もしも心の方向を失う人はさまざまな功徳を失います。
心の方向を思う力が強く確かであれば、欲望という賊のなかに入っても、
欲望の危害は受けないでしょう。 たとえば、鎧を着ていれば戦場に入っても怖いことはないようなものです。

6、禅定
【禅定の功徳】
心の方向を内におさめている人は落ち着きの静けさ(定)に安住しています。 心が落ち着き、安住しているから、世間の生死無常の姿〈縁起〉がわかるのです。いつでも励んで、落ち着きの修行をしなさい。落ち着きの静けさを得た人は心が散乱しないのです。
水を大切にする農家が田の畔や堤防を良く管理して修理するようなものです。修行者もまた同じで、智慧という水を大切にするからこそ、よく坐禅の静けさ(禅定)を実践して智慧を漏らさないようにするのです。

7、智慧
【智慧の功徳】
もしも真実なる智慧があれば、貪り、執着の心は起きないでしょう。
智慧をもたない人は、仏道者とはいえません。
真実なる智慧の人は、老、病、死の苦しみの海を渡るしっかりとした船なのです。また、智慧の明かりがない暗闇を照らす大灯明です。
すべて病む人の良き薬です。聞法、思惟、実践の智慧をもって、
自身の智慧の利益を成長させましょう。
もしも人に真実なる智慧の明かりがあれば、肉体的な眼で見ているのであっても、智慧の眼で見る人といっていいでしょう。

8、不戯論
【不戯論の功徳】
もしも、さまざまなつまらない会話(戯論)をすれば、その心が汚れ乱れます。それでは、出家して世間を離れたといっても、まだ世間の煩悩を脱出していません。もしも、静寂、静けさのわ喜びを得たいと思うなら、
ただただつまらない会話を消滅すべきです。

次回からは第四段へと

お経

2017.08.30

遺経(ゆいきょう)その6

仏垂般涅槃略説教誡経(ぶっしはつねはんりゃくせっきょうかいきょう)

次に第三段には
仏教徒として実践すべき功徳として八大人覚(はちだいにんがく)が
説かれます。
1、少欲
【 無求の功徳】
欲望の多い人は利益を求める気持ちが多いので、
苦しみ悩むことも多いのです。
欲の少ない人は、人の好意を欲しがることも五根による煩悩にも引きずられません。小欲を実践するものは、心が平らで憂と恐れがなく、
事態にふれても余裕があり、いつでも不満に思うことはありません。
欲望が少ない者には静けさ(涅槃)があります。

2、知足
【知足の功徳】
もしいろいろな苦しみ、悩みから抜け出したいと思うならば、
まさに足るを知ること(知足)を観察するべきである。
足るを知る人は地面に寝ていても安楽だといいます。
満足することを知らない人は、御殿に住んでいても満足することはありません。
足るを知る人は、物はなくても心は豊かです。

3、遠離
【遠離の功徳】
静寂で損得を忘れた世界の安らぎを求めたいと思うなら、
乱れてうるさいところを離れて一人居に静かに暮らすべきです。
自分の仲間や人々を離れて、苦悩を消滅させる根本を思うべきです。
そうでなければ、大きな樹に多くの鳥が集まると、
枯れて折れる心配があるようなものです。
俗世間の束縛と執着は大勢から起こる苦悩に埋没するのです。

4、精進
【精進の功徳】
努め励んで心をこめて進む努力(精進)をすれば、
物事として困難ということはないでしょう。
わずかな水が常に流れて石に穴を開けるようなもののように、
進む努力をしなさい。
もしもやる気を失えば、火おこしのキリをもむのに、まだ熱がたまっていないうちに疲れてやめてしまえば、すぐに冷えてしまい、
火を求めているのに、火を得ることは難しいようなものです。

次回は残りの
5、不忘念
6、禅定
7、智慧
8、不戯論
を書きたいと思います。

お経

2017.08.19

遺経(ゆいきょう)その5

仏垂般涅槃略説教誡経(ぶっしはつねはんりゃくせっきょうかいきょう)

世間的功徳の実践すべきものとしての、
七項目の
5、いかりは徳をさまたげること
まさに自分の心を内に落ち着かせて、
怒り、恨みの心(瞋恚しんに)を起こしてはならない。
また、正しく口を守って、ののしったり恨んだりする
言葉をいってはならない。
怒りを好き勝手ににすると、自分の道を妨げてしまい、
功徳の利益を失ってしまいます。
怒りの心は燃えさかる火よりも恐ろしいのです。

6、おごり、おもい上がり(憍慢きょうまん)の心をいましめる
僧侶なら、自らの意思で頭を剃りなさい。
飾りを捨てて衣を着て、応量器(おうりょうき)をもって、
乞食で自立しなさい。
もしも慢心が起こったら、早く取り除くのです。

7、他人にへつらい、自己をあざむく(諂曲てんごく)の心を
質直(しつじき)にすべきである
へつらいの心(諂曲てんごく)は解脱の道とは相反します。
ですので、己が心を正しくまっすぐにするのです。
また、知るべきです。へつらいの心は、
ただ、欺きと偽りを作ってしまいます。
心をきちんと正してまっすぐな在り方を基本にすべきです。

以上のように、第二段として
世間的功徳の実践すべきものとして
七項目が説かれております。

次に第三段には
仏教徒として実践すべき功徳として八大人覚(はちだいにんがく)が
説かれます。
1、少欲
2、知足
3、遠離
4、精進
5、不忘念
6、禅定
7、智慧
8、不戯論

また今後考えていこうかと思います。

1 / 212

皎月院 こうげついん 副住職プロフィール

皎月院副住職 清水 亨龍

清水 亨龍 こうりゅう

御縁をありがとうございます。
駒大高校、駒澤大学卒業後平成13年冬に大本山永平寺(福井県)へ安居(修行)。平成15年より北海道へ修行。平成23年4月より皎月院へと戻り副住職として補佐をさせて頂いております清水亨龍(こうりゅう)です。 合掌

私の趣味はクライミング、スノーボードなど身体を動かす事です。また旅行も大好きです。ぜひ皆さま気軽にメールやお電話お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします
(^人^)

カテゴリー

最新の投稿

アーカイブ